話題沸騰の仮想通貨『WWB』!特徴・評判・上場情報・将来性は?『WWB』の公開情報まとめ|仮想通貨情報館

話題沸騰の仮想通貨『WWB』!特徴・評判・上場情報・将来性は?『WWB』の公開情報まとめ|仮想通貨情報館

今回は、話題沸騰の仮想通貨『WWB』とは?特徴・評判・上場情報・将来性は?などの疑問を『WWB』の公開情報を基に解説していきます。

 

更新日:2018/11/12

 

f:id:mackerl0q_farme:20180516101821j:plain

1・仮想通貨『WWB』の基本情報

 

通貨名 (読み)/通貨単位 :WOWBIT(ワオビット)/WWB

公開日:2018年5月15日

トークン形式:NEP-5プラットフォーム

NEO総発行枚数:1,111,111,111枚

公式サイト:http://wowoonet.com/

テレグラム:https://t.me/wowooofficial

 

仮想通貨『WWB』はイーサリアムをベースに作られ、スマートコントラクトを実装しています。

イーサリアムと違うところは『WWB』はマイニングが行われないことで、『WWB』システムが発行枚数などを管理しています。

非中央集権の性質も持っているので発行枚数の増減など大きな変更については特別議決機能によって決められます。

『WWB』の運営がトークンの管理を行う一方で、トーク保有者にも投票権を与えて公平性を保っています。

 

2・仮想通貨『WWB』の概要

f:id:mackerl0q_farme:20180412161753j:plain

『WWB』はシンガポールで開発されており、Wowooプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨が『WWB』です。

『WWB』が発行するトークンには投票機能がついており、感動的な成果物を提供した人に対して投票の機能を使って感謝の気持ちを表すことが可能です。

また、OKWAVEを運営するオウケイウェイヴの子会社が出資するNEOベースのプロジェクトでもあります。

 

仮想通貨『WWB』のチームメンバーも一部紹介しておきます。このほかにもアドバイザーもいらっしゃいます。

 

3・仮想通貨『WWB』の特徴

 

仮想通貨『WWB』の主な特徴は、「特別決議機能」「準備金制度」です。

特別決議機能は、ルール変更など重要な決議において、『WWB』トークンの保持者による投票で意思決定がされることです。

投票率3分の2以上で採択される仕組みになっており、『WWB』は非中央集権の運営ではなく自律した運営を実現できるということです。

『WWB』の準備金制度における準備率(CR)は20%で、新規に『WWB』のトークンが発行される際には、ETHの準備高が『WWB』価値合計値の20%になるように自動調整され、その結果、『WWB』トークンの売買者の間を公正なバランスで保ち、大きな安定性を生み出すことにつながります。

 

4・仮想通貨『WWB』のロードマップ

 

仮想通貨『WWB』のロードマップについては下記のとおりです。

  • 2018年第1四半期:【WWB】トークンセール、システム開発
  • 2018年第2四半期:【WWB】システム開発
  • 2018年第3四半期:【WWB】サービス本格リリース
  • 2019年第3四半期:【WWB】のプラットフォームのAIサービス開始
  • 2019年第4四半期:【WWB】エコシステム成長加速

f:id:mackerl0q_farme:20181107140453j:plain

5・仮想通貨『WWB』上場先情報

 

仮想通貨【WWB】が上場した取引所「BIT-Z」についても公開していきます。

f:id:mackerl0q_farme:20180604180652j:plain

BIT-Z特徴

  • 取り扱い通貨数:83種類
  • 通貨ペア BTC建て:74種類
  • DKKT建て:4種類
  • ETH建て:41種類
  • トレードの種類:現物取引 OTC相対取引
  • 入出金手数料:無料※出金時は別途取引手数料 メイカー・テイカーともに一律0.1%
  • アプリ:iOS版、Android

 

 

6・仮想通貨『WWB』話題の注目ポイント

 

仮想通貨『WWB』の話題の注目ポイントは大きく次の4つです。

 

  • 既に取引所「Bit-Z」に上場している
  • 国内最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」が出資
  • ロジェー・バー氏が『WWB』プロジェクトを絶賛
  • NEOの創業者・CEOであるDa Hongfei氏がアドバイザーとして参戦

何と言っても大手取引所「Bit-Z」に上場している点ですね。

また日本最大級のQ&Aサイトである、あの「OKWAVE」を運営している株式会社オウケイウェイブは子会社を通じて、このプロジェクトに出資をしています。

その他にも、仮想通貨の第一人者であるロジャー・バー氏が『WWB』の評議会に参加し、このプロジェクトを絶賛しており、アドバイザーとして今後のプロジェクトにも参画するようです。さらに、NEOの創業者であるDa Hongfei氏もこの『WWB』のアドバイザーとして参画しています。
仮想通貨は著名人やインフルエンサーの言動・行動1つで大きく価格が動きますので、こうした方々が『WWB』に参画しているのは間違いなく話題の注目ポイントですね。

 

7・仮想通貨『WWB』の進捗情報

 

仮想通貨『WWB』はどんな活動をしているのか、分かるように『WWB』の公開から今までの情報をまとめて、進捗情報を紹介していきます。

全て書くと長いので今までの情報は簡潔に書いていきます。詳しくみたい方はリンクを貼るのでそちらを参照してください。

f:id:mackerl0q_farme:20180630134424j:plain

One of our objectives is to strengthen the relationship with countries around the world to become widely accepted, starting from Asian countries, by attending many conferences, including Japan and China Blockchain Conference. Today, we are excited to announce that WowBit (WWB) is the first NEP-5 standard token to be accepted by ColdLar wallets.

ColdLar wallet is one of the best cold wallets in the world developed by Beijing Coldlar Information Technology Co., Ltd. which is specialized in offering professional blockchain digital assets storage solutions with its partners, Huobi, BITMAIN, etc.

https://www.coldlar.com/

ColdLar wallets are cold hardware wallet totally separated from internet and will never be connected to the network to prevent hackers. With Coldlar application, available for both iOS and Android, ColdLar wallets will provide perfect securities for managing cryptocurrencies.

ーーーーーーーーーーーーー下記直訳ーーーーーーーーーーーーー


私たちの目標の1つは、日本や中国のブロックチェイン会議を含む多くの会議に出席し、アジア各国から世界各国との関係を広く受け入れられるようにすることです。今日、私たちはWowBit(WWB)がColdLarウォレットによって受け入れられる最初のNEP-5標準トークンであることを発表することに興奮しています。

ColdLarウォレットは、パートナー、Huobi、BITMAINなどと専門的なブロックチェーンのデジタル資産保管ソリューションを提供することに特化した、北京Coldlar情報技術有限公司によって開発された世界でも最高のコールドウォレットです。

https://www.coldlar.com/

ColdLarウォレットは、完全にインターネットから分離されたコールドハードウェアウォレットで、ハッカーを防ぐためにネットワークに接続されることはありません。ColdLarアプリケーションは、iOSAndroidの両方で利用でき、ColdLarウォレットは暗号化通信を管理するための完全なセキュリティを提供します。

※仮想通貨『WWB』の進捗情報は公開され次第追記していきます。 

 

8・仮想通貨『WWB』の公開動画

 

仮想通貨【WWB】の公開されている動画もまとめてみました。

文字だと難しく感じる方には動画の方がおすすめです。

 

  • What is Wowoo

youtu.be

  • Wowoo Platform β version

youtu.be

  • Wowoo Marketing Support

youtu.be

  • Wowoo Ecosystem

youtu.be

 

9・仮想通貨『WWB』まとめ

f:id:mackerl0q_farme:20180508150639j:plain

今回は、話題沸騰の仮想通貨『WWB』とは?特徴・評判・上場情報・将来性は?などの疑問を『WWB』の公開情報を基に解説していきました。

仮想通貨『WWB』はオウケイウェイブの子会社が出資しているので、株投資家からも注目を浴びているようです。

実際に、オウケイウェイヴの株はWowooが発表された年末年始以降に急上昇しました。

株投資から仮想通貨に流れてくる投資家も増えるかもしれないので、注目しておきましょう。

ここまで読んでも難しいと感じた方は「仮想通貨『WWB』は、すでに上場していて「OKWAVE」が出資、仮想通貨の神ロジャー・バーも絶賛した仮想通貨」とだけでも覚えておけば十分です。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今後も話題沸騰の仮想通貨『WWB』について進捗情報が公開され次第追記していきます。

 

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」次回イベント速報!ホワイトペーパー最新情報紹介|コイン情報館

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」次回イベント速報!ホワイトペーパー最新情報紹介|コイン情報館

 

 

今回は、次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の次回イベントの速報やホワイトペーパー最新情報などを紹介していきます。

 

 

f:id:mackerl0q_farme:20180727103619j:plain

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」ホワイトペーパー概要

 

ASOBI COIN(アソビコイン)とは、アソビモ株式会社が運用している仮想通貨で、ASOBI Market内で、様々なコンテンツを購入する際に支払い手段として使用することできます。

ASOBI COIN(アソビコイン)の目的は、デジタルコンテンツの二次流通(中古)が販売できないという課題に対して、ブロックチェーン技術を用いてデジタルコンテンツのコピーを防ぐことで保護し二次流通(中古)プラットフォームを提供します。

デジタルコンテンツとは主に、ゲーム内アイテム・音楽ファイル・動画ファイル・漫画・電子チケット等です。

 

ASOBI COIN(アソビコイン)の日本語での公式紹介動画がYouTubeにアップされています。

youtu.be

詳しくはこちらをご覧ください。

coin-news.hatenablog.com

 

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」次回イベント速報

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」が次回イベントを共同開催すると発表がありましたのでイベントの特徴や、開催日など詳しく説明していきます。

 

f:id:mackerl0q_farme:20180910093719j:plain

韓国最大級のブロックチェーンカンファレンス『2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO』開催決定~アソビモと韓経ドットコムが共同開催~

 

アソビモ株式会社(本社:東京都豊島区 代表取締役:近藤克紀)は、2018年10月23日(火)と24日(水)の2日間に渡って、韓国最大級のブロックチェーンカンファレンス『2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO』を韓経メディアグループの韓経ドットコムと共同開催することを発表しました。

『2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO』は、世界各国のビジネスリーダー、ブロックチェーン技術者、投資家が参加する2日間のカンファレンスと展示会で、2018年10月23日(火)と24日(水)の2日間にわたって韓国のグランドヒルトンソウルで開催されます。70人余りのスピーカーが登壇するほか、100以上の関連会社がブースを設置する予定となっており、約3,000人の参加が見込まれます。

また、このイベントはソウル市がスポンサーとして支援しており、ソウル市長を務める朴 元淳(パク・ウォンスン)氏がスピーチをされます。詳細は後日発表予定です。

http://koreablockchainexpo.com/

 

 

『2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO』概要
  • イベント名:2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO
  • 主催:韓経ドットコム、アソビモ株式会社
  • 日程:2018年10月23日(火)・24日(水)
  • 会場:グランドヒルトンソウル(353 Yeonhui-ro, Seodaemun-gu, Seoul, Korea)

※詳細は後日発表予定

 

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」ホワイトペーパー最新情報

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」がが業務提携を発表したので、詳しく説明していきます。

 

株式会社メディア工房と業務提携 ASOBI MARKETでの協業

 

アソビモ株式会社(本社:東京都豊島区 代表取締役:近藤 克紀)は、2018年8月29日、株式会社メディア工房(本社:東京都港区 代表取締役社長:長沢 一男)との業務提携を発表しました。

この度、占いコンテンツをはじめとするデジタルコンテンツ事業を手がける株式会社メディア工房と、ブロックチェーン領域においての業務提携を行いました。

当社が開発中のブロックチェーンを活用したデジタルコンテンツ保護・流通プラットフォーム「ASOBI MARKET」において、株式会社メディア工房が保有する占いコンテンツの提供や、ブロックチェーン事業の提携など、戦略パートナーとして様々な取り組みを検討して参ります。

 

f:id:mackerl0q_farme:20180910093937j:plain

 

株式会社メディア工房概要

  


次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の「ASOBI COIN・ASOBI MARKET」についても説明しておきます。

 

「ASOBI COIN」は、当社が開発を進めるブロックチェーンを活用したデジタルコンテンツの保護・流通を実現するプラットフォーム「ASOBI MARKET」(国際特許出願中:PCT/JP2018/16657)を実現するプロジェクトです。様々なデジタルコンテンツ(ゲームアイテム、ソフトウェア、電子書籍、音楽、動画、電子チケットなど)の二次流通(中古流通)を実現します。

現在のDRM(デジタルライツマネジメント)に代わる、ブロックチェーンを利用したデジタルコンテンツの所有権を明確にする「分散型セキュリティシステム(DSS)」(国際特許出願中:PCT/JP2018/25247)を開発。同人活動でも利用でき、エンジニア不要で簡単にセキュリティを実装できるプラットフォームを提供します。当社の独自技術「DSS」によって、昨今海賊版サイトなどで問題になっている“権利者を無視してデジタルコンテンツが複製・配布される問題”を解決します。さらに、二次流通(中古流通)市場の課題である“パブリッシャーへの収益還元”を実現します。

ASOBI COINは、対応するアソビモゲーム内で2倍相当の価値で使えるようになります。また、ASOBI COINは、ASOBI MARKETのデジタルコンテンツを売買するためのコインとして使えるようになります。

 

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」まとめ

 

f:id:mackerl0q_farme:20180727105724j:plain

今回は、次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の次回イベントの速報やホワイトペーパー最新情報などを紹介していきました。

「ASOBI COIN(アソビコイン)」の次回イベントは、2018年10月23日、24日に「2018 KOREA BLOCKCHAIN EXPO」を共同開催し、70人余りのスピーカーが登壇するほか、100以上の関連会社がブースを設置する予定となっており、約3,000人の参加が見込まれているそうです。

占いコンテンツなどを手がける株式会社メディア工房とも業務提携するとのことで、期待できる情報ばかりですね。

今後も次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」に注目です!

AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバー第3弾やロードマップも紹介!|コイン情報館

AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバー第3弾やロードマップも紹介!|コイン情報館

 

今回は、AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバー第3弾やロードマップを紹介していきます。

 

 

f:id:mackerl0q_farme:20180727112621j:plain


AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」概要

 

 

仮想通貨は、取引所での売買以外にマイニングを実施することによっても、通貨を手に入れることが可能です。
ですが、FXなどの市場に比べて、まだ不安定で、価格差やボラティリティ(価格変動)が大きく異なる場合が多々あります。
このように、従来の投資に比べ仮想通貨は、非常に自由度が高いですが、それを管理しているのは人なので、折角の投資チャンスを逃したり、場合によっては失敗もあり得ます。

このような問題を、AI(人工知能)を使用して、解決しようというプロジェクトが「hashberry(ハッシュベリー)」で、その通貨名が「HBY COIN(HBY コイン)」です。

hashberry(ハッシュベリー)についての動画がYouTubeにアップされていたので紹介します。

youtu.be

詳しくはこちらをご覧ください。

coin-news.hatenablog.com

 

AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバー第3弾

 

今回紹介するメンバーは、下記5名になります。

 

f:id:mackerl0q_farme:20180910092531j:plain

  • Ram Narula エンジニアリング・ディレクター
  • Amnart Plonrit マイニング運営・シニアテクニカルマネージャー
  • Kana Nakanishi PRディレクター/エグゼクティブプロデューサー
  • Seree Thonglor マイニング運営・主任エンジニア
  • Mario Kaesar クリエイティブ・ディレクター 

AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」ロードマップ

f:id:mackerl0q_farme:20180727112716j:plain

今後のロードマップについては、2018年中に、一通り開発が完了、2019年の4月に運用開始予定のようです。


AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」まとめ

 

f:id:mackerl0q_farme:20180727112621j:plain

今回は、AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバー第3弾やロードマップを紹介していきました。

今回紹介したメンバーで最後になります。

これだけメンバーが充実しているICOは珍しく、ロードマップも順調に進んでいるようなので気になる方は注目してみてはいかがでしょうか?

AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)」に今後も注目しておきましょう!

 

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」がインタビュー動画公開!ホワイトペーパー情報|コイン情報館

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」がインタビュー動画公開!ホワイトペーパー情報|コイン情報館

 

今回は、次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」のインタビュー動画やホワイトペーパー情報など最新情報について紹介していきます。

  

 

f:id:mackerl0q_farme:20180802111322j:plain

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」概要

 

 

ASOBI COIN(アソビコイン)とは、アソビモ株式会社が運用している仮想通貨で、ASOBI Market内で、様々なコンテンツを購入する際に支払い手段として使用することできます。

ASOBI COIN(アソビコイン)の目的は、デジタルコンテンツの二次流通(中古)が販売できないという課題に対して、ブロックチェーン技術を用いてデジタルコンテンツのコピーを防ぐことで保護し二次流通(中古)プラットフォームを提供します。

デジタルコンテンツとは主に、ゲーム内アイテム・音楽ファイル・動画ファイル・漫画・電子チケット等です。

 

ASOBI COIN(アソビコイン)の日本語での公式紹介動画がYouTubeにアップされています。

youtu.be

詳しくはこちらをご覧ください。

coin-news.hatenablog.com

 

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」イベント参加実績

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」は今までに数多くのイベントに参加してきた実績があります。

一体どのようなイベントに参加してきたのか?参加したイベントをまとめたので紹介していきます。

 

f:id:mackerl0q_farme:20180904194510j:plain

参加イベント一覧

  1. POCKET GAMER CONNECT
  2. TOKEN SUMMIT
  3. TokenSky 
  4. BLOCKCHAIN ECONOMIC FORUM
  5. BEYOND BLOCKS
  6. BLOCKCHAIN GAMER CONNECTS
  7. COINGEEK CONFERENCE
  8. ethereal SUMMIT
  9. FLUDITY
  10. Futurama Blockchain Innovators Summit
  11. FUTURE BLOCKCHAIN SUMMIT
  12. BLOCKCHAIN ECONOMIC FORUM
  13. BLOCKCHAIN ECONOMIC FORUM
  14. SYNCO

 

 


次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」インタビュー動画

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の評判のインタビュー動画についてご紹介していきます。

 

仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」Tokenskyのインタビュー

youtu.be

 

 

ASOBI COIN - interview with Sean Katsu Matsuda

 

block-clip.com

 


次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」まとめ

 

f:id:mackerl0q_farme:20180904194550j:plain

今回は、次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」のインタビュー動画やホワイトペーパー情報など最新情報について紹介していきました。

「ASOBI COIN(アソビコイン)」は今までに14カ所と、数多くのイベントに参加しています。

インタビュー動画も見ておくと参考になるので気になる方は見ておきましょう。

今後も次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」に注目です!

 

AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバー第2弾やロードマップも紹介!|コイン情報館

AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバー第2弾やロードマップも紹介!|コイン情報館

 

今回は、AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバー第2弾やロードマップを紹介していきます。

 

 

 

 

f:id:mackerl0q_farme:20180727112621j:plain

AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」概要

 

 

仮想通貨は、取引所での売買以外にマイニングを実施することによっても、通貨を手に入れることが可能です。
ですが、FXなどの市場に比べて、まだ不安定で、価格差やボラティリティ(価格変動)が大きく異なる場合が多々あります。
このように、従来の投資に比べ仮想通貨は、非常に自由度が高いですが、それを管理しているのは人なので、折角の投資チャンスを逃したり、場合によっては失敗もあり得ます。

このような問題を、AI(人工知能)を使用して、解決しようというプロジェクトが「hashberry(ハッシュベリー)」で、その通貨名が「HBY COIN(HBY コイン)」です。

hashberry(ハッシュベリー)についての動画がYouTubeにアップされていたので紹介します。

youtu.be

詳しくはこちらをご覧ください。

coin-news.hatenablog.com

 


AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバー「Supannee Suzuki」氏

 

 

f:id:mackerl0q_farme:20180904190440j:plain

Supannee is a successful,
fully-licensed banker
who joined Hashberry’s
leadership team from
Thailand’s largest investment banking group,
Siam Commercial Bank (IPO/ Bond for CP
Group). During her tenure, she worked with
many IPOs and high-end corporate bond
transactions totaling several billion dollars.
She was also formerly with Nomura Securities

(Mutual Fund Management), Standard
Chartered Bank (Wealth Management for
high net-worth clients) and RHB Securities
Thailand PCL (Stocks & commodity
brokerage). She holds a Capital Market
Investment License, MBA from Bangkok
University and is currently in the process of
becoming a Certified Financial Analyst.

 

 

 

AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバー「Yiannis Menelaou」氏

 

 

  • Yiannis Menelaou

 

f:id:mackerl0q_farme:20180904190506j:plain

 

Mr. Menelaou is a highly
respected cryptocurrency
and investment executive,
and currently holds the
position of the Regional
Director and General Manager of Lykke
Europe, leading the European Crypto
Investment Firm and Electronic Money
Institution. He also holds the position of Chief
ICO Manager for the Initial Coin Offerings at
Lykke Exchange, a well- respected institution
throughout the world.
Mr. Menelaou is one of the industry’s leading
authorities with deep experience and
knowledge in portfolio management, antimoney
laundering, financial compliance and
crypto-economics. He is a board member
of several investment committees in both
traditional and cryptocurrency investment
management.

Mr. Menelaou is an Adjunct Lecturer at the
MSc in Digital Currency of the University of
Nicosia, the top degree for crypto-economics.
Part of his teaching includes topics from the
Financial Markets, Alternative Investments,
International Currencies, Global Exchanges
and Fintech. He also serves other investment
and non- investment firms as a member of
the Board of Directors.
Mr. Menelaou is a highly trained
Mathematician and holder of the MSc in
Financial Mathematics from Leeds Business
School – member of the Russell Group –
and accredited by Yale University (US). He
is a certifed investments’ expert by several
markets’ authorities and professional bodies.

 

 

AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバー「Dr. Jim Nissing」氏

 

 

  • Dr. Jim Nissing, JD

 

f:id:mackerl0q_farme:20180904190625j:plain


Jim Nissing is an attorney
based in Washington State,
USA, and is a graduate from
Seattle University School of
Law with the Jurist Doctor’s
degree. He specializes in intellectual property
management, M&A, LOB, large business
transaction, real estate development &
management and international laws.

He is also the founder and president of
Law Office of Jim Nissing PLLC and Matrix
Financial Network in Seattle Washington.
He is the author of several business books,
a popular speaker in the business seminar
circuit, and lecturer and instructor at the US
military institute in Tacoma Washington.

 

 AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」ロードマップ

f:id:mackerl0q_farme:20180727112716j:plain

今後のロードマップについては、2018年中に、一通り開発が完了、2019年の4月に運用開始予定のようです。

AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」まとめ

 

f:id:mackerl0q_farme:20180727112621j:plain

今回は、AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」の注目のメンバー第2弾やロードマップを紹介していきました。

CFOの「Supannee Suzuki」氏は、かつて野村証券で働いており、スタンダード・チャータード銀行及びマレーOT証券での勤務経験もある方で、資本市場での投資ライセンス、公認ファイナンシャル・アナリスト(進行中)、バンコク大学のMBAなども保有しています。

「Yiannis Menelaou」氏は、高い評価を得ている仮想通貨および投資分野のエグゼクティブであり、現在ヨーロッパにおいて、クリプト投資会社および電子マネー機関を先導しているライキ・ヨーロッパの地域担当責任者及びゼネラルマネージャーを務めており、米国イエール大学の認定を受けているリーズ大学ビジネススクールの数理ファイナンス修士号まで取得されています。

「Dr. Jim Nissing」氏は、アメリカ合衆国ワシントン州の弁護士であり、シアトル大学法学部を卒業し、法学博士号の学位を保有していおり、さらには、ワシントン州タコマの米軍事機関の講師およびインストラクターも兼職されています。

上記の様に、ICO「hashberry(ハッシュベリー)|HBY COIN(HBY コイン)」は、優秀なメンバーが揃っています。

メンバー全員がこれだけの経歴を持っているICOは珍しいので期待できそうですね。

AIを利用した最新鋭のICO「hashberry(ハッシュベリー)」に今後も注目しておきましょう!

要注目の政治家!『松田学 (松田まなぶ)』さんとは?凄い経歴などを徹底紹介!|コイン情報館

要注目の政治家!『松田学 (松田まなぶ)』さんとは?凄い経歴などを徹底紹介!|コイン情報館

 

 

今回は、要注目の政治家「松田学(松田まなぶ)」さんという方をご存知でしょうか。
凄い経歴などと共に徹底紹介します。

 

※更新日:2018年8月22日

 

 

f:id:mackerl0q_farme:20180727130702j:plain

 

要注目の政治家!『松田学 (松田まなぶ)』さんとは?

 

松田学(松田まなぶ)さんは自民党に所属している政治家で、元財務官僚、元日本維新の会、次世代の党所属の前衆議院議員という経歴を持っています。


さらに東京大学大学院客員教授でもあり、 Jupiter COIN(ジュピターコイン)のプロジェクトリーダーも勤めています。

 

要注目の政治家!『松田学 (松田まなぶ)』さんの経歴

 

松田学(松田まなぶ)さんの経歴を以下でご紹介します。

 

f:id:mackerl0q_farme:20180604181507j:plain

2012年12月
衆議院議員に当選(比例南関東日本維新の会)、日本維新の会・国会議員団副幹事長、同党・神奈川県総支部代表など。

 

2014年8月
次世代の党を結党。次世代の党・政調会長代理、同党・税制調査会長、同党・神奈川県連会長など。

衆議院では、内閣委員会理事、財務金融委員、国土交通委員、消費者特委オブザーバー等を歴任。
私、松田学は、東京大学経済学部を卒業後、大蔵省(現財務省)に入省し、在官中も、ドイツ、淡路島、大阪、成田、横浜などでの勤務や、内閣官房国土交通省など他省庁への出向に加え、東京医科歯科大学教授、(独)郵貯・簡保管理機構の理事、預金保険機構の金融再生部長など、本省以外にも幅広い経験をさせていただきました。

 

要注目の政治家!『松田学 (松田まなぶ)』さんの活動記録

 

松田学 (松田まなぶ)さんがどの様な活動をされてきたのかまとめてみました。

質の高い本格的で層の厚い政策論のマーケットを創る活動で、言論NPOは、2001年秋に各界を超えた知恵のコラボレーションを進めるネットワーク型のメディア・シンクタンクとして、同世代の有志とともに設立した認定非営利活動法人です。
以後、このNPOの理事として、しっかりとした議論で有権者の立場に立った民主主義のインフラをつくる活動を続けてきそうです。

その主な活動内容は、政権評価・マニフェスト評価、日本の将来像と選択肢形成の議論づくり、国境を超えた議論の舞台運営、市民社会型の議論のプラットフォーム形成などです。

  • 医療システム改革の議論創り

学教授への出向時より、日本の医療界とのネットワークを拡大、医療システム改革の議論に参画していたそうです。

社会システムデザイン研究所など様々な場で、医療の分野を中心に、日本の全体システム再設計について議論形成や提言・発信されていたようです。

大樹総研にて、政府や国会議員、自治体等、広く政策当事者に対して政策提言を行う活動に参画、経済政策、地方自治、財政金融、国際政策、行政論など、各種政策分野に関する研究レポートを定期的に策定し配布しており、国家基本問題研究所(櫻井よしこ理事長)にて、企画委員会に参画し、外交・安全保障をはじめ日本の時事問題につき政策提言活動を行った。

  • 各政策分野における議論活動

言論NPOの「政権評価、マニフェスト評価」活動に加え、その蓄積も活かしつつ、経済や外交だけでなく、財政、金融、国際経済、医療問題、行政論など各政策分野について、自ら議論を提起、様々な政策論の場に参画・発信し、たちあがれ日本では、党の政策立案を、国家基本問題研究所では櫻井よしこ理事長とともに日本の将来像を巡る議論などを担うなど、保守の立場から政策論を形成、発信しました。
日常的に講演活動を行い、横浜、大阪等で自らの政策論を論じることを中心に定期的な勉強会を主催しており、メディアにおいても、テレビ、オピニョン誌、インターネット論壇を中心に政策論の啓発活動を展開しています。
経済、財政、社会保障などを含めた日本の将来設計を中心とする講演活動、執筆活動に加え、TVでは、知の共有の観点から、テレビ神奈川で「松田まなぶのカナガワ未来レポート」を2011年~14年にわたり継続。また、チャンネル桜ではビデオレターを連載中、経済討論のパネラー出演等。

  • アカデミズムの分野での活動

東京医科歯科大学教授として経済学、歴史学、社会システム設計論を講じ、当時から、他の大学院客員教授として「アジア政策論」を講義を行っています。
他方で、中国の大学等でもアジアにおける日本の将来像や日本のアジア戦略などについて講義を行うなど、日中間の議論交流にも携わっており、2009年7月には、学界と政策当事者、実務家などが知恵のコラボレーションを進める場として「政策科学学会」を各界の有志とともに創設、同学会副会長に就任しました。

地方の某地域エリアに対して農業シニアリビングタウン構想(水耕栽培の農業工場等で都市近郊にシニア世代の活動や生活の場を生み出す構想)を提唱し、その実現に向けて官、民のコラボレーションの場をリード。
東京近郊某都市における健康都市プランの策定に参画し、横浜市を中心に地域再生の議論づくりを開始しました。
これらは、先の医療システム改革などと併せ、「活力ある超高齢社会の運営モデル」構築に向けたチャレンジの実践です。

 

要注目の政治家!『松田学 (松田まなぶ)』さんインタビュー記事

 

松田学 (松田まなぶ)さんがインタビューされた時の記事などをリンクで貼っておきます。

ご興味ある方は是非チェックしてみてください。

venturetimes.jp

 

 

要注目の政治家!『松田学 (松田まなぶ)』さんの論考紹介

 

松田学さんの公式ブログでは論考を発表されています。今回はその中の一部、「財政再建の秘策」についてご紹介していきます。

f:id:mackerl0q_farme:20180604181442j:plain

  • 永久国債オペの出口は政府暗号通貨~財政再建の秘策~松田学の論考

日本の財政を累積した国債から解放し、将来世代への負の遺産を解消する。そのためのバランスシート処理として、すでに「松田プラン」の内容を7回にわたりご紹介してきました(本ブログ【試論・松田プラン】その1~その7)。

 今回は、「松田プラン」にはきちんとした「出口」が用意され得るものであることについて述べたいと思います。実は、その答えは、いま流行りの「仮想通貨」を政府暗号通貨へと進化させることにあります。

●日銀保有の永久国債を政府暗号通貨で償還する

アベノミクスのもと、異次元金融緩和政策で日銀の保有国債は5年間で約320兆円積み上がり、18年3月末には約450兆円に達しました。その裏側で、日銀当座預金というマネタリーベースも320兆円増え、380兆円に達しています。

これを国と日銀を連結させた「統合政府」でみれば、1,200兆円を超える国の負債も、「純債務」ベースで100兆円あまりにまで縮小しています。

安倍政権が成し遂げたこの財政再建効果が後戻りしないよう、これを恒久化させるのが、日銀が保有している国債を、満期が到来するたびに、償還期限の定めのない永久国債へと乗り換え、これを日銀が永久保有することについて、政府と日銀がアコードを結ぶ「永久国債オペ」です。結果として、その分、政府の国債は日銀当座預金という、返済義務のない帳簿上の日銀負債に姿を変えることになります。

●永久国債が政府暗号通貨へと変換、流通されていくプロセス

日銀保有の永久国債の償還を通じて政府暗号通貨が発行されるという仕組みにすることによって、マクロ経済に中立的な政府暗号通貨の発行と、民間の自立的な選択を通じた市中マネーの多様化と、日銀保有永久国債及び日銀当座預金の縮小が、同時並行的に実現することになります。

●仮想通貨とは何なのか?~仮想通貨→暗号通貨が法定通貨となる日~

中央銀行が発行する法定暗号通貨ではなく、政府が発行する法定暗号通貨として検討していかなければ、日本がアベノミクスで到達した、せっかくの前人未到の地の利を活かすチャンスをみすみす失ってしまいかねません。

詳細はさらに論じて参りますが、今回はとりあえず、この点だけは強調しておきます。

 

引用元:松田学公式ブログ

ameblo.jp

 

要注目の政治家!『松田学 (松田まなぶ)』さんの人気動画シリーズ

 

松田学 (松田まなぶ)さんの人気動画シリーズの一部を紹介していきます。

 

  • 八の年、戌は笑うか?

過去10年毎に何があったのか振り返って行くと共に、今年の先行きを展望して頂きます

youtu.be

巧に世論誘導を試みる財務省の、増税レトリックについて確認して頂きます。

youtu.be

  • 松田学のビデオレター、第87回は「仮想から法定へ、暗号通貨の将来性」

チャンネル桜5月29日放映。

youtu.be

 

  • 松田学のビデオレター、第92回は「サイバーセキュリティーを巡る危機管理・その2」

チャンネル桜8月7日放映。

youtu.be

 

人気動画シリーズの口コミ・評判

・松田学さんは丁寧だし、カツトシさん等の若い人の意見も聞こうとしている。
真摯な人柄が伝わってきますね。

・松田さん応援してます

財務省理論武装の在り方の今回は勉強になりました。次回の放送がたのしみです。

 

 

 

要注目の政治家!『松田学 (松田まなぶ)』さんの出品本紹介

 

『松田学 (松田まなぶ)』さんはこれまで数多くの本を出版してきました。

出版した本について紹介していきます。

f:id:mackerl0q_farme:20180605112155j:plain

国力倍増論―もう大丈夫といわれる国にしたい

 

【目次】

第1章 ~序論 日本新秩序―日本の新たなストーリーを設計するー
第2章 アベノミクスは成功するか~次に来るべき「プランB」を考える~
第3章 どうする、日本の財政~消費税増税社会保障の国家選択~
第4章 高度情報社会と社会保障~国家基盤として必要な社会インフラの整備~
第5章 日本の新しい国づくり~世界の課題解決「三種の神器」~
第6章 繁栄の舞台を世界へ~黄金の国ジパング
第7章 新しい行政改革論~「官僚」の再設計~
第8章 国家再建を考える~新しい政治の軸と進化する保守~

  •  松田学さんの政策への考え

かつては「所得倍増論」、「資産倍増論」などがありましたが、現在の日本には、国防力、人材力、国際的な発信力などを含めた、「経済だけではない全般的な国力倍増」が必要だそうです。

 

国力倍増論―もう大丈夫といわれる国にしたい

国力倍増論―もう大丈夫といわれる国にしたい

 
 TPP興国論 (ロング新書)

f:id:mackerl0q_farme:20180630160454j:plain

目次
第1章 ほとんどの国民は、TPPの本質を知りません!
第2章 TPPがわかる基礎講座―TPPの正体
第3章 TPPで日本は滅びません(真の食料安全保障を確立するために 農業問題
国民の健康の安心を築くために 医療問題
黄金の国・日本は、美味しい投資対象か 金融問題、投資
TPPは日本人の雇用を奪い、格差を拡大するのか? ヒト問題、その他)
第4章 TPPは、日本の希望になる!(「日本新秩序」へのバージョンアップ!
TPPを迎え撃つ最強の日本になる
「生き甲斐を感じる」社会を創る)
第5章 TPP興国論 日本が強くなるシナリオ

 

内容紹介
今、TPPが日本の国論を二分していますが、その中には、
目に余る無責任な発言が少なくありません。
現状をしっかりと認識しましょう。
いま、この日本は大変な危機の時代なのです。
国家の財政は逼迫しています。
人口は減少していきます。
高齢化社会社会保障費の額はどんどん増えていく。
こんな危機の時代に、無責任な批判だけを繰り返している場合でしょうか。
問題をあげつらうだけのインテリなど必要ありません。
大事なことは、TPPをきちんと知り、それをチャンスにできる可能性があるなら、
そこから実現できる理想を探り、未来へと必死に動くことではないでしょうか。

口コミ・レビュー紹介

・TPP の内容を他の本よりよく紹介し,日本がおかれた政治・経済・歴史などの背景をよくとらえたうえで,なぜ TPP に参加することが日本の 「興国」 によいのかを論じている

・なんとなくメディアの報道からTPPに入ると日本に不利なことばかりなんだと思っていたけど、この本のおかげで見方が変わりました。

・いろいろと考えさせられる一冊でした。意外にキラリと光る内容だったので、星5つです。

・あたらしい日本の秩序、Japanese New Order の形成の時代に自分が生まれたことを自覚することで、ビジョナリーな日本と戦略的行動のできる日本への脱皮の必要性を強く訴えている。
TPP恐怖論的な著書が多い中で、新たな未来へ向かってどのようにTPPを利用していくのかという視点で書かれた、ビジョナリーな思想に満ちた良書であると思った。

 

 

 

TPP興国論 (ロング新書)

TPP興国論 (ロング新書)

 

 

下記は2018年7月31日発売予定の本になります。

サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う

f:id:mackerl0q_farme:20180727131021j:plain

内容紹介
東京大学大学院客員教授として政策提言活動に携わっている著者がサイバーセキュリティについて語ります。
先頃のコインチェック問題の背景にもサイバー攻撃が指摘されましたが、いまや国民生活の基盤となっている電脳空間の安全を確保することは、最重要課題。
いま話題になっている仮想通貨も、サイバーセキュリティの延長線上に、その健全性が展望できるもの。
暗号通貨は、日本が通貨・金融の切り口とする世界の経済インフラの構築において確かなポジションを取る上での重要な国家戦略になるものだ。

 

目次
はじめに

  • 第1章 人類に訪れる「第四の波」

転換期に直面する人類社会
文明と情報革命
巨大化した中間機能の不可視化
電脳空間への依存で増大する不確実性
21世紀の課題
新たな社会へ、「第四の波」
中間機能ゼロ社会の衝撃~未来の断面図~
「ピア・トゥ・ピア社会」の到来
公正と信頼を土台とする社会
複数の人生を同時に生きる
健康と長寿が保証された人生とヒトの能力の飛躍的向上
ヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)
人間が人間らしく思う通りに生きていける社会
「科学技術の番人」「未来社会の番人」としてのサイバーセキュリティ

  • 第2章 海外で見た情報化社会、海外で聞いたサイバーセキュリティ

高度な個人番号管理で公正な安心社会の国、スウェーデン
個人情報を医療や研究に徹底活用する国、デンマーク
徹底したIT国家を建設しているエストニア共和国
サイバーテロ対策のメッカとしてのエストニア
サイバーセキュリティの世界大会、ブラックハット(Black Hat)
ハッカーたちを褒め称える場、デフコン(DEFCON)

  • 第3章 どうなっているのか、日本のサイバーセキュリティ

1.いま何が起こっているのか~
2.日本政府の体制はどうなっているのか
まだ不十分な省庁体制
体制整備へ、3つの課題
3.人的・制度的な要因に関する現状と課題
企業経営におけるサイバーセキュリティの優先度の低さ
法制上の問題と課題
専守防衛(憲法上の問題)がサイバーセキュリティの制約に
セキュリティ対策として必要なオフェンス
国際協力と刑法面での厳罰化は考えられないか
法的対応にも限界がある
4.サイバーセキュリティの本質的課題とは何か~アジェンダの絞り込み~
解決策の中心には暗号技術の問題がある
情報セキュリティ技術における真の課題とは何か
残る課題としての人的要因と社会システム

  • 第4章 サイバーセキュリティ完成への道筋

1.完全な暗号技術を開発し、普及、実装、活用する
エンド・トゥ・エンドプロテクションという課題
新しい暗号技術の可能性
暗号鍵の配送問題の克服
日本の次の成長戦略としての情報セキュリティ技術
インターネットは第2フェーズへ
ダイナミック・マイナンバー
2.シンプルパソコンで情報処理過程を透明化する
現在のパソコンは複雑化によって脆弱化している
情報処理プロセスwp「見える化」するコンピュータアーキテクチャ
3.電脳空間に向き合う場づくりと人材育成
地方創生の目玉としての電脳空間プラットフォーム
サイバー拠点の形成と地方創生
「バーチャル自治体」の推進
未来社会の創造は地方自治体が先導する
情報リテラシーの向上へ、草の根サイバーセキュリティを国民運動化する
ホワイトハッカーを育成し、人材を登用する

4.ルール・規範・思想の明確化と社会システムの視点

専守防衛下でサイバーオフェンスをどうするのか
サイバーセキュリティ国際協力
規制緩和と特区
AIの活用による課題解決とサイバーセキュリティ
公共財としてサイバーセキュリティを位置づける
政府が負担すべき社会的コストがある
税制上の優遇措置や公的助成を

  • 第5章 新たなセキュリティシステムへのチャレンジ~ジュピタープロジェクト~

太陽系の番人ジュピター「木星」=未来社会の番人
日本の企業/組織の内部管理の実態は・・・
ジュピターシステムの開発~AIとブロックチェーンによる新トータルセキュリティ
外部からの脅威対策
内部からの脅威対策
漏洩しても被害を無にする対策
ジュピタープロジェクトは何を目指しているのか

  • 第6章 仮想通貨の行方~真の通貨への模索~

新たな資金調達手段として誕生したICO
「仮想通貨」とはどんなものなのか
仮想通貨とは本物の通貨なのか
日本は世界に先駆けて仮想通貨に業者登録制などを導入した国ですが・・・
利用する上でのメリットとデメリットは?
安全性と信頼性~仮想通貨の課題はサイバーセキュリティ~
ブロックチェーン技術にも考えるべき論点がある
仮想通貨ではなく「暗号通貨」を~日本の国家戦略~
イノベーションによって解決すべき暗号通貨
暗号通貨が真の通貨となるためには
クリプトキャッシュ~多様な暗号「貨幣」の時代に

  • 第7章 ネクストソサイエティと新たな通貨の論理

AIが社会を運営する時代が到来する?
AIとベーシックインカムと「ヘリコプターマネー」
資本主義経済で通貨を生み出すのは民間銀行~日銀の金融政策に対する誤解~
資本主義社会の次に訪れる新しい社会~ニューパラダイム~
ボンド・ボンド構想~ボランティア活動に経済的価値と生き甲斐を生む仕組み~

第8章 日本の財政はこうして救われる「松田プラン」
日本の財政の「不都合な真実
「統合政府」でみれば財政再建が大きく進展中~国の純債務は百兆円に?~
国債が消えている
「松田プラン」が提案する永久国債オペレーションとは何か
劇薬との懸念には十分に反論できる
赤字国債を減らすことこそが財政規律

消費増税と景気との両立~減債制度を営む日本だからきでることがある~
社会保障バウチャーで国のおカネの流れを債務の処理から民生へと転換
永久国債の出口に来るのが政府暗号通貨
国民による通貨の選択を通じて進められる国の債務処理

おわりに~未来社会に向けて「日本新秩序」を~

 

 

サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う

サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う

 

 

 

要注目の政治家!『松田学 (松田まなぶ)』さんまとめ

f:id:mackerl0q_farme:20180604181507j:plain

今回は、要注目の政治家「松田学 (松田まなぶ)」さんについて紹介していきました。

「松田学 (松田まなぶ)」さんがどれほど凄い経歴・実績を持たれている方なのかご理解頂けたかと思います。

松田学さんは、様々な政治活動を経て、あの東京大学大学院の客員教授も赴任されており、柔軟で斬新な発想のできる方です。

松田学さんの本は多少難しいですが、いろいろと考えさせられる本ばかりで、口コミの評判も良かったです。

今の日本には、「松田学 (松田まなぶ)」さんの様な政治家が必要なのかもしれませんね。

気になった方は松田学さんのご活躍に注目してみてはいかがでしょうか?

 

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」がミートアップ開催!ホワイトペーパー情報|コイン情報館

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」がミートアップ開催!ホワイトペーパー情報|コイン情報館

 

今回は、次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」がミートアップ開催との発表がありましたので詳しく紹介していきます。

 

 

 

f:id:mackerl0q_farme:20180727103619j:plain

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」ホワイトペーパー概要

 

ASOBI COIN(アソビコイン)とは、アソビモ株式会社が運用している仮想通貨で、ASOBI Market内で、様々なコンテンツを購入する際に支払い手段として使用することできます。

ASOBI COIN(アソビコイン)の目的は、デジタルコンテンツの二次流通(中古)が販売できないという課題に対して、ブロックチェーン技術を用いてデジタルコンテンツのコピーを防ぐことで保護し二次流通(中古)プラットフォームを提供します。

デジタルコンテンツとは主に、ゲーム内アイテム・音楽ファイル・動画ファイル・漫画・電子チケット等です。

 

ASOBI COIN(アソビコイン)の日本語での公式紹介動画がYouTubeにアップされています。

youtu.be

詳しくはこちらをご覧ください。

coin-news.hatenablog.com

 

 

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」ミートアップ開催日

 

開催概要

主催:ASOBI COIN

日時:8月10日(金)19:00~21:00(開場:18:30)

参加費:無料

特典:来場者全員にエアドロップを予定しております。

場所:〒171-0014 東京都豊島区池袋3-1-2 光文社ビル4階※19時以降はビル右手のスロープから駐車場に入り、エレベータで4階までお越しください。

 

 

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」ミートアッププログラム

 

「ASOBI COIN(アソビコイン)」のミートアップのプログラムは下記のとおりになります。

f:id:mackerl0q_farme:20180727105911j:plain


時間:プログラム
18:30~19:00:開場/受付
19:00~19:10:ASOBI COIN代表近藤のあいさつ
19:10~19:40:ASOBI COINの進捗と展望
19:40~20:40:懇親会

 

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」ミートアップ特徴


「ASOBI COIN(アソビコイン)」のミートアップはどのようなイベントなのか?特徴や概要などを紹介していきます。

特徴や概要については公式HPより発表されていたので下記をご覧ください。

 

日頃よりご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

プレセール2早期終了の感謝とASOBI COINをもっとよく知っていただく為に、Meetupを開催させていただくこととなりました。ASOBI COINの進捗と展望についてお話させていただきます。

※今回はASOBI COIN保有者限定で開催させていただきます。

プロジェクトメンバーや参加者同士の交流をはかる為、アルコール類やお食事などをご準備させていただきます。

また、ご来場いただいた方限定でエアドロップを予定しております。

 

引用元:ASOBI COIN公式サイト

 

 

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」ミートアップその他、注意事項

f:id:mackerl0q_farme:20180727105845j:plain

「ASOBI COIN(アソビコイン)」のミートアップでの注意点は下記のとおりです。

 

  • 体調不調、その他都合が悪くなりイベントに参加できなくなった場合、速やかにキャンセル処理をお願いします。
  • イベント当日にカメラ撮影が入る場合、メディアに掲載される可能性があります。
  • イベントの内容や登壇者は予告なく変更する場合がございます。
  • イベント当日のキャンセルは、やむを得ない場合を除きお控え下さい。
  • 領収書の発行はしておりません。
  • 個人情報の取り扱いについて。 会場受付で頂く名刺或いはご記入頂く個人情報については、主催者であるASOBI COINが管理させて頂きます。今後ASOBI COINが開催するイベントのご案内の配信先として利用させていただき、その他の第三者には一切提供いたしません。個人情報に関する照会や、訂正、追加または削除については、お客さまご本人から下記お問い合わせ先に別途ご連絡いただくことにより、対応させていただきます。 担当:池田、三井 E-mail: support_ja@asobimo.io
  • 参加者に対する迷惑行為、イベント進行の妨げになる行為は禁止とさせて頂きます。
  • ネットワーキングビジネスや宗教など勧誘目的の方の参加はご遠慮願います。
  • その他、主催者の判断で不適切だと判断した場合は、ご参加のお断り或いはご退席して頂く場合がございます。

 

 

次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」まとめ

 

f:id:mackerl0q_farme:20180727103619j:plain

今回は、次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」がミートアップ開催との発表がありましたので詳しく紹介していきました。

ミートアップでは、来場者に限定でエアドロップを予定しており、プロジェクトメンバーや参加者同士の交流会も兼ねているようです。

 また、仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」の進捗や今後の展望について話されるようです。

今後も次世代型仮想通貨「ASOBI COIN(アソビコイン)」に注目です!