話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!ASIAN CONSULTING GROUP社と友好的なTOB受入決定を発表!|仮想通貨情報館

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!ASIAN CONSULTING GROUP社と友好的なTOB受入決定を発表!|仮想通貨情報館

今回は、話題沸騰中の仮想通貨【ACDコイン】の最新情報を解説していきます。

 

 

f:id:mackerl0q_farme:20190115093424j:plain

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】とは?

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

ANAと関係がある?
仮想通貨【ACDコイン】を発行する「株式会社ACD」は、ANA全日空)グループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

ACDホームページはこちら

acd-coin.hk

日本版ホワイトペーパーはこちら

https://acd-coin.com/acd_whitepaper.pdf

詳しくはこちらをご覧ください。

coin-news.hatenablog.com

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!ASIAN CONSULTING GROUP社と友好的なTOB受入決定を発表!

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】より最新情報がありましたのでご紹介していきます。

f:id:mackerl0q_farme:20190115093412j:plain

ASIAN CONSULTING GROUP社と友好的なTOB受入決定を発表!

 

ANAホールディングスが出資する株式会社ACD(本社:東京都江東区、代表:園田康博)は、ANA CARGO DIRECT事業の韓国におけるEC及び決済に関わる現地ビジネスマーケティングパートナーとして提携を予定している韓国法人ASIAN CONSULTING GROUP(本社:韓国ソウル、代表:KIM TAE WOO)から、今後の日韓双方向で展開を予定するANA CARGO DIRECT事業並びに暗号通貨決済ビジネスでの協業および更なる強固な提携関係構築のため、ACD COINの公開買い付けによる大量取得の意思表示を受け、友好的TOBとして当意思表示の受け入れを承諾したことを発表した。

すでにACDとASIAN CONSULTING GROUP社とでは、韓国でのANA CARGO DIRECT事業の推進及び世界各国のVIP用医療施設KOREA MEDICAL PARKにおいて、ACD COINにて医療費の決済を行う為の提携も合意しており、今後の韓国におけるEC並びに決済サービス事業の拡大を目指していく。

TOB詳細>
◆実施企業:ASIAN CONSULTING GROUP   https://consult.co.kr/
◆公開買い付け価格:0.00014000BTC
◆第一回買い付け総額:269.54BTC
◆第一回買い付け枚数:1925285ACD
◆応募多数の場合は抽選により決定

【ASIAN CONSULTING GROUPの概要】
社名:ASIAN CONSULTING CORPORATION
設立日:1984年02月09日
所在地:♯620. AcetechCity2cha.13gil-25, Sunyu-ro,Youngdeungpo-ku,Seoul,Korea.
代表者:Chairman KIM TAE WOO

 

venturetimes.jp

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】まとめ

f:id:mackerl0q_farme:20190115093338j:plain

今回は、話題沸騰中の仮想通貨【ACDコイン】の最新情報を解説していきました。

【ACDコイン】は、ANA CARGO DIRECT事業の韓国におけるEC及び決済に関わる現地ビジネスマーケティングパートナーとして提携を予定している韓国法人ASIAN CONSULTING GROUPから、今後の日韓双方向で展開を予定するANA CARGO DIRECT事業並びに暗号通貨決済ビジネスでの協業および更なる強固な提携関係構築のため、ACD COINの公開買い付けによる大量取得の意思表示を受け、友好的TOBとして当意思表示の受け入れを承諾したそうです。

今後の韓国におけるEC並びに決済サービス事業の拡大を目指していくとのことです。

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】から今後も目を離さないようにしておきましょう!

 

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!短期ロードマップをBitcoin.comと共同で発表などの最新情報紹介!|仮想通貨情報館

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!短期ロードマップをBitcoin.comと共同で発表などの最新情報紹介!|仮想通貨情報館

今回は、話題沸騰中の仮想通貨【ACDコイン】の最新情報を解説していきます。

 

 

f:id:mackerl0q_farme:20190115093424j:plain

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】とは?

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

  • ANAと関係がある?

仮想通貨【ACDコイン】を発行する「株式会社ACD」は、ANA全日空)グループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

ACDホームページはこちら

acd-coin.hk

日本版ホワイトペーパーはこちら

https://acd-coin.com/acd_whitepaper.pdf

詳しくはこちらをご覧ください。

coin-news.hatenablog.com

 

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!短期ロードマップをBitcoin.comと共同で発表などの最新情報紹介!

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】より最新情報がありましたのでご紹介していきます。

f:id:mackerl0q_farme:20190308101011j:plain

短期ロードマップをBitcoin.comと共同で発表

ANA ホールディング株式会社が出資する株式会社 ACD(代表取締役社長:園田康博。以下「ACD」)と Bitcoin.com( 代表取締役社長:ロジャー・バー、以下「 Bitcoin.com」)は、ACD の発行する ACD コインのビットコインキャッシュベースプラットフォーム移行に伴う ACD コインの価値向上のための総合的な戦略事項について、2019 年 1 月 19 日にそれにかかる MOU(Memorandum Of Understanding)を締結いたしました。
この合意は、ACD と Bitcoin.com が推進する ACD コインのビットコインキャッシュプラットフォームへのスワップ開発の短期完了を見据え、実質的な事業開始までに両社の提携強化および開発支援を通して ACD が実施する ACD コイン活動のサポートを目指すものであります。
ACD と Bitcoin.com は、今回の合意に伴い ACD コインの短期的な展開ロードマップを発表いたします。ロードマップに記載される各項目の具体的な実施時期などの詳細については、適宜開示していく予定です。
また、Bitcoin.com 代表のロジャー・バー氏は、今後 ACD コインを保有するとともに、ACD コインに対する全面的なサポートを行うことを表明しました。さらに、両社による ACD コインの未来志向的な取り組みについて、下記のロードマップに従い推進していくことを決定いたしました。
今後 ACD は、Bitcoin.com とともに、ACD コイン・ビットコインキャッシュのより具体的な利用用途を広めていくことで、ACD コインのさらなる利便性向上を目指していくものであります。

 

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】まとめ

f:id:mackerl0q_farme:20190115093412j:plain

今回は、話題沸騰中の仮想通貨【ACDコイン】の最新情報を解説していきました。

ACDと Bitcoin.comは、ACD の発行する ACD コインのビットコインキャッシュベースプラットフォーム移行に伴う ACD コインの価値向上のための総合的な戦略事項について MOU締結したそうです。

ACD と Bitcoin.com が推進する ACD コインのビットコインキャッシュプラットフォームへのスワップ開発の短期完了を見据え、実質的な事業開始までに両社の提携強化および開発支援を通して ACD が実施する ACD コイン活動のサポートを目指すそうです。

また、ロードマップに記載される各項目の具体的な実施時期などの詳細については随時開示されるようです。

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】から今後も目を離さないようにしておきましょう!

 

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!香港における龍豊集団とのコイン連携での提携などの最新情報紹介!|仮想通貨情報館

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!香港における龍豊集団とのコイン連携での提携などの最新情報紹介!|仮想通貨情報館

今回は、話題沸騰中の仮想通貨【ACDコイン】の最新情報を解説していきます。

 

 

f:id:mackerl0q_farme:20190115093424j:plain

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】とは?

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

  • ANAと関係がある?

仮想通貨【ACDコイン】を発行する「株式会社ACD」は、ANA全日空)グループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

ACDホームページはこちら

acd-coin.hk

日本版ホワイトペーパーはこちら

https://acd-coin.com/acd_whitepaper.pdf

詳しくはこちらをご覧ください。

coin-news.hatenablog.com

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!香港における龍豊集団とのコイン連携での提携などの最新情報紹介!

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】より最新情報がありましたのでご紹介していきます。

f:id:mackerl0q_farme:20190115093412j:plain

香港における龍豊集団とのコイン連携での提携

株式会社ACD(本店:東京都江東区 代表取締役園田康博 以下「ACD」)は、香港において展開しているドラッグストアチェーンの最大手、龍豊薬業(集團)有限公司(以下「龍豊集団」)と提携し、香港におけるドラッグストアチェーンの全店舗において、ACDが発行する暗号通貨(ユーティリティコイン)「ACDコイン」を店舗利用者に対し、店舗利便性の向上および店舗売上増大の一環として、2019年度初旬を目途に店舗における決済手段の一つとして利用できるよう順次導入を開始することについて合意いたしました。

龍豊集団は、香港における流通業と小売業を担っており、医薬品、健康および美容補助食品、スキンケア、パーソナルケア製品の流通および小売を行っており、2019年で設立27周年を迎えています。現在、龍豊集団は、新界地域に18店舗を出店しており、今後は香港に限らず、中国やマカオ市場への事業展開を積極的に進めています。

 またACDコインは、BCH(ビットコインキャッシュ)プラットフォームと連携し、特に海外保有者向けにクロスボーディングサービスの利便性を高めるために開発された暗号通貨(ユーティリティコイン)です。

今後は、ドラッグストアチェーンを始めとし世界中のオフライン店舗とのインバウンドビジネスにおける相乗効果を最大限に高めるため、ACDコインを活用し、よりその利便性・利用率を高める方針です。
 以上の取り組みにより、ACDは龍豊集団との今後更なる連携強化を図り、香港でのACDコインの普及に努め、世界各国へ展開して参ります。

 

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】まとめ

f:id:mackerl0q_farme:20190115093338j:plain

今回は、話題沸騰中の仮想通貨【ACDコイン】の最新情報を解説していきました。

龍豊集団と提携し、香港におけるドラッグストアチェーンの全店舗において、「ACDコイン」を2019年度初旬を目途に店舗にて決済手段として利用できるよう順次導入を開始することについて合意し、今後は、ドラッグストアチェーンを始めとした世界中のオフライン店舗とのインバウンドビジネスにおける相乗効果を最大限に高めるため、ACDコインを活用し、よりその利便性・利用率を高める方針だそうです。

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】から今後も目を離さないようにしておきましょう!

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!ベビースターラーメンの株式会社おやつカンパニーが「全日空海淘」に出店などの最新情報紹介!|仮想通貨情報館

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!ベビースターラーメンの株式会社おやつカンパニーが「全日空海淘」に出店などの最新情報紹介!|仮想通貨情報館

今回は、話題沸騰中の仮想通貨【ACDコイン】の最新情報を解説していきます。

 

 

f:id:mackerl0q_farme:20190115093412j:plain

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】とは?

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

  • ANAと関係がある?

仮想通貨【ACDコイン】を発行する「株式会社ACD」は、ANA全日空)グループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

ACDホームページはこちら

acd-coin.hk

日本版ホワイトペーパーはこちら

https://acd-coin.com/acd_whitepaper.pdf

詳しくはこちらをご覧ください。

coin-news.hatenablog.com

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!「ベビースターラーメンの株式会社おやつカンパニーが「全日空海淘」に出店などの最新情報紹介!

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】より最新情報がありましたのでご紹介していきます。

f:id:mackerl0q_farme:20190115093424j:plain

ベビースターラーメンの株式会社おやつカンパニーが「全日空海淘」に出店

 

株式会社おやつカンパニー(本社:三重県津市 代表取締役社長 手島文雄 以下「おやつカンパニー」)は、株式会社ACD(本社:東京都江東区 代表取締役 園田康博 以下「ACD」)の運営する越境ECプラットフォーム「全日空海淘」において、2019年2月に旗艦店として出店することを決定致しました。

この取り組みにより、ベビースターシリーズや、パンスナック菓子類などを中心とする主力商品をおやつカンパニー旗艦店にて海外の消費者へBtoCで販売を開始いたします。

また、総工費30億円をかけておやつカンパニー久居工場に隣接して建設中の「おやつタウン(2019年7月開園予定)」(株式会社おやつタウン:三重県津市 代表取締役社長 松田好旦)も介して海外への情報発信を同時に行っていく方針です。

おやつカンパニーとACDは、越境ECの取り組みだけでなく、三重県の地域創生を目指した外国人観光客の取り込みや名産品の認知拡販を目指すべく、地域活性化を踏まえた国際的なプロモーションを展開してまいります。

おやつカンパニーの概要】
社 名 :株式会社おやつカンパニー
設立日 :1948年9月3日
所在地 :三重県津市一志町田尻420番地
代 表 :代表取締役社長 手島文雄
資本金 :1億円
事業内容:菓子・食品製造

 

 

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】まとめ

f:id:mackerl0q_farme:20190115093338j:plain

今回は、話題沸騰中の仮想通貨【ACDコイン】の最新情報を解説していきました。

今回の出店により、ベビースターシリーズや、パンスナック菓子類などを中心とする主力商品をおやつカンパニー旗艦店にて海外の消費者へBtoCで販売を開始し、おやつカンパニーとACDは、越境ECの取り組みだけでなく、三重県の地域創生を目指した外国人観光客の取り込みや名産品の認知拡販を目指すべく、地域活性化を踏まえた国際的なプロモーションを展開していくそうです。

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】から今後も目を離さないようにしておきましょう!

 

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!「インバウンド&中国越境ECセミナー」への参加を発表などの最新情報紹介!|仮想通貨情報館

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!「インバウンド&中国越境ECセミナー」への参加を発表などの最新情報紹介!|仮想通貨情報館

今回は、話題沸騰中の仮想通貨【ACDコイン】の最新情報を解説していきます。

 

 

f:id:mackerl0q_farme:20190115093424j:plain

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】とは?

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

  • ANAと関係がある?

仮想通貨【ACDコイン】を発行する「株式会社ACD」は、ANA全日空)グループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

ACDホームページはこちら

acd-coin.hk

日本版ホワイトペーパーはこちら

https://acd-coin.com/acd_whitepaper.pdf

詳しくはこちらをご覧ください。

coin-news.hatenablog.com

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!「インバウンド&中国越境ECセミナー」への参加を発表などの最新情報紹介!

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】より最新情報がありましたのでご紹介していきます。

f:id:mackerl0q_farme:20190115093338j:plain

「インバウンド&中国越境ECセミナー」への参加を発表

 

株式会社ACD(本店:東京都江東区 代表取締役園田康博 以下「ACD」)は、2019年1月22日(火)13:30~宮崎県立美術館で開催されますインバウンド&中国越境ECセミナー「訪日インバウンド需要の展望と中国ネットビジネス」に参加いたします。
セミナーは、宮崎県、株式会社宮崎銀行、株式会社宮崎太陽銀行みずほ銀行が主催となり、宮崎県商工会議所などに呼びかけて、地方創生や地域活性化に取り組む企業が参加して行われているものです。
今回のテーマは、今後ますます増加傾向にある中国を始めアジア諸国からのインバウンド客への対応と、中国向け越境ECへの取り組みを中心に開催されます。

ACDの株主であるANAホールディングス(株)も、2017年10月20日に宮崎県との間で、観光産業の振興、地域経済の一層の活性化を図るため、相互の資源を有効に活用した協働による活動を推進することを目的とした「観光振興に関する連携協定」を締結しており、ACDといたしましても、日本の地域における産業振興を盛り上げるためにインバウンド施策と連動した越境ECの分野で宮崎県とも連携し、観光振興にも寄与・貢献してまいりたいと考えております。

今回のセミナー参加を機に、地域創生に積極的に取り組んでいる宮崎県とACDのサービスを身近で感じていただくとともに、今後中国を始め世界の顧客に対して積極的に地域の名産品などを紹介していければと考えておりますので、引き続きACDの業務へのご理解・ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】まとめ

f:id:mackerl0q_farme:20190115093412j:plain

今回は、話題沸騰中の仮想通貨【ACDコイン】の最新情報を解説していきます。
話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】が参加するインバウンド&中国越境ECセミナー「訪日インバウンド需要の展望と中国ネットビジネス」は、地方創生や地域活性化に取り組む企業が参加して行われているもので、アジア諸国からのインバウンド客への対応と、中国向け越境ECへの取り組みを中心に開催されるそうです。

今後【ACDコイン】は、日本の地域における産業振興を盛り上げるためにインバウンド施策と連動した越境ECの分野で宮崎県とも連携し、観光振興にも寄与・貢献していくと考えているそうです。

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】から今後も目を離さないようにしておきましょう!

 

要注目のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」を解説!データ公開を可能にするアルゴリズムの実現についてなどの最新情報紹介!|仮想通貨情報館

要注目のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」を解説!データ公開を可能にするアルゴリズムの実現についてなどの最新情報紹介!|仮想通貨情報館

 

今回は、要注目のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報を解説していきます。

 

 

f:id:mackerl0q_farme:20190107103139j:plain

要注目のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

disciplina.io

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

https://disciplina.io/WhitePaper_jp.pdf

詳しくはこちらをご覧ください。

coin-news.hatenablog.com

要注目のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」を解説!データ公開を可能にするアルゴリズムの実現についてなどの最新情報紹介!

ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」より最新情報がありましたのでご紹介していきます。

f:id:mackerl0q_farme:20181218112024j:plain

データ公開を可能にするアルゴリズムの実現について

 

アルゴリズムを用いたプロトコルを利用することで、信頼性の高いデータをDisciplnaトークンと引き換えに提供し、データのやり取りを行う双方ともに不正を行えないということが保証されます。DISCIPLINAプロジェクトで使用されるこのプロトコルは求人募集している雇用主に正確な検証された成績データを提供する為にのみ用いられています。

このプロトコルの利用にあたり2人の当事者が存在します。それはトークンの買い手と売り手です。一般的な売買システムにおいては流通資金をプールし流通データを検証する仲介者が存在します。しかし、従来のデータ公開アルゴリズムと異なり、DISCIPLINAでは仲介者は必要としません。DISCIPLINAプロジェクトにおいてブロックチェーンこそがすべての取引の有効性を保証する合意メカニズムを備えた分散型台帳なのです。

先述した通りDISCIPLINAプロジェクトに関わる全ての参加者はデータが有効であるかどうか判断する機会があります。もし登録データに関して争いが生じたとしても参加者はブロックチェーン上に記録されたデータを判断材料として証明することが可能です。買い手が無効だと主張するデータをネットワークのノードに確認させ、その後に有効か無効かについて決断を下すことができます。ちなみに両当事者はそのデータに対して信頼し取引が公正であると同意する場合、ブロックチェーン上のノードはデータにアクセスすることはありません。

取引前に、買い手は検証を行う事をノードに通知しなければなりません。全ての取引記録データは検証済みであり有効なものでなければならないからです。売り手は暗号鍵を用意する事でデータを暗号化し、そしてその暗号鍵をブロックデータの代表となるデータ「マークル・ルート」を計算して、この「マークル・ルート」を参加者が閲覧できるパブリックブロックチェーンに入れます。

買い手はセッションの公開鍵と暗号鍵のペアを作成し、暗号鍵を公開して取引を行います。さらにこの取引におけるスマートコントラクトに保管するDisciplinaトークンを送信します。

売り手は所定の保証金をコントラクトアドレスに送信し内容の障害確認の為、一定時間待ち時間が発生します。その後、買い手にプライベートブロックチェーンで暗号化したデータを送信します。こうすることでブロックチェーン上に大量の情報を保管せず、また記録に関しての争いが生じた場合にその記録データの全てを公開する必要がなくなるのです。

買い手が暗号化データを受領したことを確認後、売り手は買い手の公開鍵で暗号鍵を発行します。

この売り手の暗号鍵で買い手はデータを解読できます。この段階で2つのシナリオが考えられます。

1.買い手が記録データが虚偽があって無効であると考える場合、その部分に秘密鍵を使用し公開します。Disciplina参加者は誰でもそのデータ部分を解読し真正なデータであるか確認機能が使用できます。大まかな流れとしては売り手が買い手にプライベートチェーン上で送信したデータの中に疑問部分が実際に含まれていたことを証明する為に買い手は同部分の「マークル・パス」も提出します。買い手が同データについて無効であることを証明できた場合、売り手が当初送信していた保証金とともに自分の資金も払戻しを受けます。

2.すべてのデータが真正であった場合、買い手はパブリックチェーンの取引にてそれが確認出来ます。虚偽があった場合では一定期間の後にスマートコントラクトは自動的に資金を売り手に送信します。

 

要注目のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:mackerl0q_farme:20181218112141j:plain

今回は、要注目のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」を解説していきました。

アルゴリズムを用いたプロトコルを利用することで、信頼性の高いデータをDisciplnaトークンと引き換えに提供し、データのやり取りを行う双方ともに不正を行えないということが保証されるそうです。

要注目のブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」に今後も目を離さないようにしておきましょう!

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!Bitcoin.comと提携を発表などの最新情報紹介!|仮想通貨情報館

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!Bitcoin.comと提携を発表などの最新情報紹介!|仮想通貨情報館

今回は、話題沸騰中の仮想通貨【ACDコイン】の最新情報を解説していきます。

 

 

f:id:mackerl0q_farme:20190115093424j:plain

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】とは?

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

  • ANAと関係がある?

仮想通貨【ACDコイン】を発行する「株式会社ACD」は、ANA全日空)グループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

ACDホームページはこちら

acd-coin.hk

 

日本版ホワイトペーパーはこちら

https://acd-coin.com/acd_whitepaper.pdf

詳しくはこちらをご覧ください。

coin-news.hatenablog.com

 

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】を解説!Bitcoin.comと提携を発表などの最新情報紹介!

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】より最新情報がありましたのでご紹介していきます。

f:id:mackerl0q_farme:20190115093412j:plain

ACDとBitcoin.com がビットコインキャッシュを利用し新しい決済方法について提携

Bitcoin.com( 代表取締役社長:ロジャー・バー、以下「 Bitcoin.com」) と ANA ホールディング株式会社が出資する株式会社 ACD(代表取締役社長:園田康博。以下「ACD」)は、暗号通貨の分野について、戦略的パートナーシップを締結することを発表致しました。
この提携により、ビットコインキャッシュと ACD が発行する“ACD トークン”の連携をおこなうことで、早ければ2019 年度の春にビットコインキャッシュプラットフォームで、ACD が提供する様々なサービスや、日本から“本物”をお届けするグローバルなオンラインショッピングをおこなうことが可能になります。
幅広く調査及びテストを重ねた結果、ACD と Bitcoin.com 共にビットコインキャッシュが暗号通貨の中で、手数料が低く、取引スピードが早いと信頼できるとのことから最も消費者及びビジネスにとって最適な暗号通貨であると賛同致しました。このパートナーシップは ACD がビットコインキャッシュを決済方法の一つとして推進するところから開始されます。
更に本パートナーシップによる ACD トークンの様々な用途や拡張、その詳細については、後日発表いたします。
また、今回のパートナーシップを経て ACD トークンはビットコインキャッシュプラットフォームとなる予定です。
ACD の CEO 園田康博から、”市場にある様々な暗号通貨を色々調査及びリサーチをした結果、当社はACD トークンとビットコインキャッシュを連携させ新しい決済方法として選びました。これはお客様がオンライン・オフラインとも安く、早く、そして信頼できる決済方法を世界規模での取引が実現できると考えております。”
Bitcoin.com の CEO、ロジャー・バーから “ACD とビットコインキャッシュのパートナーシップに協力できることは非常に光栄です。ワールドワイドな航空会社の出資会社がワールドワイドの通貨を採用されることは必然であると考えます。”
ビットコインキャッシュP2P 電子通貨であり、誰からでも、どこからでも即時に決済ができる電子通貨システムです。費用がほぼ無料で、ダブルチャージのリスク、決済ができなかったり、送金が戻されることもございません。
ACD のようなグローバル会社には最適な組み合わせです。 お客様に革新的な決済方法を提供することによって、ACD が先んじてビットコインキャッシュ決済を取り組むことによって、競合他社との差が更に大きくつくでしょう。

 

ACD、『ANA CARGO DIRECT』におけるACDコインの決済連携開発を開始

株式会社ACD(以下「ACD」)は、ACDが基幹事業として展開する越境ECプラットフォーム『ANA CARGO DIRECT』(中国本土を除く) のすべてにおいて、決済手段の一つとして、ACDコインを活用できるよう決済連携開発を開始しました。

ACDコインはBCH(ビットコインキャッシュ)プラットフォームと連携し、BCH決済モジュールを実装することで、すべての『ANA CARGO DIRECT』プラットフォームにおけるオンライン決済はもとより、インバウンド向けオフライン店舗への導入のため、数多くの提携企業との間で決済連携を進めていくことが可能となります。

一連の決済連携は、2019年度初旬から順次開始されることを予定しており、これは、今後、世界中のお客様がオンライン・オフラインとも安く、早く、そして信頼できる新たな決済方法として世界規模での取引が実現できると考えております。

このように当社は、革新的な決済方法を提供することによって、越境EC業界において、競合他社との差別化を大きく図ってまいります。

 

話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】まとめ

f:id:mackerl0q_farme:20190115093338j:plain

今回は、話題沸騰中の仮想通貨【ACDコイン】の最新情報を解説していきます。
話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】は、ロジャー・バーが代表を務めるBitcoin.comと暗号通貨の分野について、戦略的パートナーシップを締結し、この提携により、ビットコインキャッシュと ACD が発行する“ACD トークン”の連携をおこなうことで、早ければ2019 年度の春にビットコインキャッシュプラットフォームで、ACD が提供する様々なサービスや、グローバルなオンラインショッピングをおこなうことが可能となるそうです。

また、『ANA CARGO DIRECT』におけるACDコインの決済連携開発を開始し、『ANA CARGO DIRECT』プラットフォームにおけるオンライン決済はもとより、インバウンド向けオフライン店舗への導入のため、数多くの提携企業との間で決済連携を進めていくことが可能となるそうです。


話題沸騰の仮想通貨【ACDコイン】から今後も目を離さないようにしておきましょう!